子供が努力をして勉強している姿を見ていると、きっとこの子は将来有名な大学に進学できるだろうと考える人もいらっしゃるかもしれません。しかし、お子さんの塾での拘束時間を気にするようにしているという親御さんもいらっしゃります。というのも、あまりにも塾の自習室などで過ごす時間が多いと、逆に宿題や、学校で学習したことの内容を把握するのが面倒に思えるお子さんもいらっしゃるからです。例えば小学校4年生から塾に通い始めたとして、中学受験系の目標を設定してあげるとしても、学校が終わったら夜遅くまでずっと塾という生活スタイルになると、やる気がアップするどころか、勉強が嫌いになってしまうこともあるでしょう。

夏休みの宿題をチェックしてくれる家庭教師であるとか、志望校への合格に向けて丁寧に指導してくれるようなマンツーマンの教師を選ぶようにしましょう。目指す学校のハードルが高いと思った時でも、失敗しないためには、やはり顧客の満足度がランキングでも上位にあるような現役東大生の家庭教師はいかがでしょうか。お子さんが習い事を喜んでしているのと同じ感覚で勉強も楽しいと感じるようになることでしょう。指導によって結果が変わるわけです。

Comments closed.