生徒ひとりひとりに合った学習のプランを立てて欲しいということを塾の講師に期待してもなかなか難しい場合があるかもしれません。塾の講師というのは、そのレベルのクラス全体のモチベーションに気を使うことが多く、なかなか個人の目標設定や目標変更などに関してまで配慮することができない場合もあることでしょう。そこで、個人的に徹底した指導をしてもらって中学受験を乗り切ることを考えるならば、子供に家庭教師をつけてみたいと考えることもあるかもしれません。親御さんにとって、まだ小学生のお子さんに受験させるというのは、かなりハードルが高いことに思えることもあるでしょう。そこで、子供に勉強するように働きかける、上手に誘ってくれるような家庭教師を探す必要があるといえます。

東大生の家庭教師というのは、そういったお子さんたちに勉強の楽しみ方を教え込む点でプラスの効果があると言えるでしょう。一科目から教えている家庭教師もあるということですので、お子様の学力アップで特に重点的に取り組みたい科目を希望して家庭教師を依頼してみることもできるでしょう。お子さんの挫折を予防しつつ、その子に合った学習プランを立ててもらうようにしましょう。

Comments closed.