目標を設定してあげたものの、お子さんがあまり乗り気ではないということで、お子さんの中学受験に向けてもっと状況を改善することはできないものかと悩んでいらっしゃる親御さんも少なくありません。落ちこぼれになって欲しくないと思ったものの、お子さんが入塾テストであまり高得点を取ることができなかったという理由で、塾ではトップクラスで学ぶことができず、やる気がなくなってきたといった場合には、一度塾に通わせることをストップさせることもあるかもしれません。

もし今の段階では塾にはそれほど効果がないと判断されるようであれば、家庭教師の出番となっているのかもしれません。人気の志望校に何としてでも合格してもらいたいといった焦りがある場合でも、とりあえず塾に行っていない期間の勉強の習慣の維持と強化のために、東大生の家庭教師に来てもらうのはどうだろうかと考える人もいらっしゃります。

東大生に来てもらう時期として、小学校5年生くらいの時期に、志望校について再検討するような時に検討する人もいらっしゃるということです。相性が合うかどうかが心配だという人もいらっしゃりますが、東大生の家庭教師がそばにいてくれれば徹底指導となるはずです。

Comments closed.